このところ日本でもvio脱毛を実践する女性が増えてきています。

もともと欧米などでは古い伝統を持つvio脱毛ですが、ファッションや美容、または水着着用時に綺麗に見えるためのエチケットとしてのみならず、衛生的な面でも雑菌の数多く繁殖しやすいこれらのムダ毛を除去するのは清潔感を維持することにつながり好ましいとする見方も根強いのが実状です。

しかしその一方で、vio脱毛はまだ日本に完全に根付いているわけではないので、例えば公衆浴場やプールの更衣室などでその姿を目にすると驚かれるというケースは実践者たちの「あるある」としてよく聞かれるようです。

では、女性にとって妊娠や出産の際にお世話になることになる産婦人科ではどうでしょうか。医師や看護師などがvio脱毛を施しているその状態を見て驚いたり、笑ったりすることはあるのでしょうか。

その答えはNOの一言に尽きるでしょう。産婦人科には同じようなvio脱毛を施した多くの女性が受診していますので、その状態は良く把握しているもの。

逆にそれを見て驚く医師は経験不足と言ってよいでしょうし、そもそも医師や看護師が患者の身体的な特徴などに反応することは倫理的に見ても不適切とされています。

もしも何らかの反応を示すケースがあったならそれこそ問題と言えます。むしろ、vioのムダ毛がない状態は陰毛が絡まりつくような不衛生な状態に陥ることを避け、かえって衛生的とみる見方も多いようです。

Iラインの細い毛まで脱毛できるのか

ラインを脱毛する際気になるのが細い毛です。細いラインの下着や水着を身につけるためにはなるべく細い毛も残さず脱毛したいものです。

ニードル脱毛なら色素が薄い毛にも対応

このようなIラインの細い毛を脱毛するのに最も適しているのがニードル脱毛です。生えている毛に対して1ずつ電気を使って毛穴の中の毛を作る組織を破壊していくので、確実に毛を処理していく事ができます。色素の薄い毛などに対しても効果があります。

またIラインは色素沈着がある人もいるのですが、色素沈着があると光やレーザーは肌にダメージを与えるので使用することができません。使用しても出力を抑えなくてはいけなくなるので、充分な効果が出ない場合があります。

痛みに弱い人は麻酔を使用することも可能

ニードルの場合は色素沈着は関係ないので肌が黒ずんでいる場合でもシミがある場所でも関係なく使用する事ができます。またより内部まで毛を処理できます。

ニードルは毛を一本ずつ処理していくため全部の毛を処理するにはとても時間がかかるという欠点があります。その為まずIラインの脱毛を光やレーザーで行い、残った細い毛だけをニードルで行なうという方法もあります。また他の方法に比べると痛みが強いため、痛みに弱い人は麻酔を使って施術をするクリニックを選んだ方が良いでしょう。

施術の痛みによるストレスがない!沖縄で長く通えるvio脱毛サロンまとめ