vioの脱毛をする時には、利用するサロンやクリニックを決め、回数をどれぐらいにするかなどの細かい話を決めていきます。一般的にはクリニックでしっかり施術をしていくなら6~8回程度は必要になってくるのですが、これも毛質によっては少なくなったり増えたりします。

毛質がやや硬い剛毛だと、元々時間がかかるvioの部位は脱毛を完了させるまでに時間がかかりやすいです。また、レーザーをあてた時の痛みも、毛が濃く黒い分だけ強く感じやすいです。痛みに弱い人の場合は、施術を進めていく前に一度試しに撃ってもらうとどれぐらいの痛みなのかも判断がつきます。

あまりに痛いようであれば施術を行うのも難しいですから、その時にはクリニック側と相談をして麻酔を利用することも検討しましょう。人気のあるvioですが、デリケートな部分ですから、通う途中で生理日にかかってしまう事もあるでしょう。

殆どのクリニックはこの時期は施術をしてくれませんので、もしもなってしまった場合には早めの相談をして予約を変更するなどしておくと、無駄な料金と回数を使わずに済みます。

回数を重ねていけば、濃かった人でも少しずつ薄くなってきますし、最終的には脱毛ということで毛のない状態になる事も目指せます。毛周期に合わせて通い続けて施術を行う事で効果も得られやすいので、綺麗につるりとした肌を目指すのであれば、計画的に通えるようにスケジュールを立ててから契約しましょう。

Oラインや脚の脱毛を安いお値段で

夏など暑い季節、特に女性はOラインや脚の脱毛でお悩みなのではないでしょうか。男性の視点に立って、海水浴に行ったときのことを想像してみてください。やはりOラインや脚がキレイな女性は、魅力的な女性だという印象を強く受けることでしょう。

しかし、女性の立場から考えると脱毛サロンへ通う費用というものは決して安いものではないです。

自己処理が難しいoラインはカミソリは危険

そこで考えるのは、やはり自分でムダ毛の処理をしてしまえば費用が安くなるということでしょう。では、それぞれどういった自己処理の方法が適しているのか一緒に考えていきましょう。

まずはOラインについてですが、除毛クリームで洗い流す方法が簡単でキレイな仕上がりになりおすすめできます。カミソリについても候補とあがるように思えますが、お尻の奥の毛をカミソリで剃り落とすのは、キズをつけて血が出てくる危険性がありますので、カミソリの扱いに自信がない方はやめたほうがいいでしょう。

範囲が広い脚は除毛クリームだと肌荒れを起こしてしまうことも

次に脚についてですが、こちらは逆にカミソリで処理する方法をおすすめします。除毛クリームで処理する方法も候補としてはあげられるかと思いますが、こちらはクリームの成分が肌に合わなかったときに肌が炎症を起こす可能性があるからです。

肌荒れをする前に脱毛サロンにお任せ!沖縄で効果抜群のvio脱毛サロンはコチラから